その辺の人のブログ

すみません。婚外恋愛のブログです

お昼ご飯

お昼ご飯を食べるために、移動しました。


Sさん、食べたいものがあり。そのお店なのですが、分かりにくい。ホテルのビルの中、分かりにくいところにありました。

で、入ってみたら、「予約でいっぱいです」


なんと、断られてしまいました。


「こんなこともあろうかと」と、もう1つお店を見つけてたSさんですが、二つ目のお店はこの日定休日!

おおっと!こんなことがあるのかww


仕方なく、目的のものは食べられないけど、良さげなお店をチョイス。

堀こたつの…


個室


ぎゃー(*ノ//□//ノ)


狙ったんじゃないけどっ


向かい合わせで、ふたりきりでこれって…!!

恥ずかしいっ


注文して、料理待つ間

「はい、マッサージして」

と手を出すSさん。

かねてから、わたしマッサージは上手いんだよー、と話してたので。

変わった手相だねー、とか話ながらだけどなんか、ふわふわするw

手、触れたー


Sさんおもむろに

「伸ばしたら触れちゃうよ?w」

手が胸に…(。>д<)

「いやいやいやいや、ないからっ/////」

手をペチッと叩くと引っ込んだ。


こりないSさん、調子に乗って

「のせてみ?」

手のひらを差し出してくる。

乗らないからっ(;´д`)

乗るようなサイズじゃないからっ


ご飯食べたあとも、まったりしながら、「乗せて」って言ってくる。

紺碧「乗るようなものじゃないって」

S「どうかな」

さわさわさわ…

ナチュラルに胸を触られた…

恥ずかしい////

触られたあとでも

照れるのをめちゃくちゃ観察してくる。

ずっと見てくるからこっちが顔見ようとすると目があって、とても耐えられない。

それをさらに楽しそうに観察するSさん。


そろそろ行こうか、と立ち上がったら

「近くのが触りやすい」

と近くに寄ってきて前からさわさわ


にゃー/////


「こっちのが触りやすいな」

くるっと向きを変えられて

後ろからさわさわさわ


わわわわ!!(///Д///)


なんなの、この状況っ

もしかしたらエッチするより恥ずかしいかもしれない。